KEIHOKU ORIGINAL BAKERY 「Kamparo(カンパーロ)」

朝4:30から!
'真心' 込めて焼いてます
―二番街のパン屋さん―

カンパーロ7 カンパーロ1
カンパーロ2

カンパーロ3

カンパーロ4

カンパーロ5

カンパーロ6

「ここのパンはねぇ、ホントに美味しいの。週2、3回は来てるかな。うちで食べるパンの8割はここで買うのよ。」と、遠藤さん。たくさんのパンが入った袋を手に、何だかとっても嬉しそう。「特に、天然酵母のパンはね、噛めば噛むほど味が出て、とっても美味しいの。」
たくさんのお客さんで賑わう「Kamparo(カンパーロ)」。二番街入ってすぐKEIHOKUスーパー並びにお店があります。

<AM10:30>
店内は出来てのパンでいいにおい!
キッチンでは吉田バイヤーが忙しそうにパン生地をこねています。次から次へと生地を成型し、オーブンへ。
作業の手は止まりません。
その脇で、女性スタッフが焼きあがったパンを取り出し、店内カウンターへ運びます。女性スタッフ4名はいつも笑顔。
皆さん、テキパキと仕事をこなします。
"1個でも販売致します"の言葉が嬉しいバターロール(1個55円)が、もうすぐ焼きあがりそうです。

「カンパーロ」にあるパンの種類は120〜130種類!
店内には天然酵母パン、サンドイッチ、食パン・菓子パン、甘食などなど。
選ぶのに困ってしまうほどのパンの数。
店先路地のテーブルにも、ロングアップルパイやアンドーナツなど"3時のおやつ"も充実。
「いろいろなパンと一緒に、お客さんが必ず買っていかれるのは食パンですね。おやつとして甘食もよくでますよ。」と、教えてくれたのは青木さん。明るい笑顔でレジを担当しています。

「朝4時半からパンを焼いてるよ。お店を開けるのは8時だね。夜は8時45分まで。」
―お休みは何曜日ですか?
「休みはないよ。正月3が日だけかな。(笑)ほぼ、年中無休。」
―お勧めのパンをぜひ教えてください。
「そうだね、バターブレッド(1個137円)がお勧めだなぁ。」
―先ほど、お客さんが'ここの天然酵母パンがとっても美味しい'と言っていましたよ。
「うん、天然酵母パンはね、イースト菌使ってないから、材料の味が素直に出るんだよね。砂糖・塩・小麦粉ね。小麦粉は国産だよ。香りもいいから、人気があるんじゃないかな。」

―どのくらい日持ちしますか?冷凍しても大丈夫?
「2、3日中だね。天然酵母パンは日ごとに酸っぱくなるから早めに食べた方がいいんだよ。冷凍はダメだね。」
忙しい中、丁寧に親切に答えてくれた吉田バイヤー。
毎日、早朝から、真面目にパン作りに向き合う姿がとても印象的です。

<AM11:30>
お話を伺っているうちに、店内がザワザワ。
時計を見れば、正午30分前。
店内はパンを選ぶお客さんでいつの間にかいっぱい。
レジ待ちの列が伸びる、伸びる。セルフトレーの上には山盛りのパン。皆さん、ホントに、たくさん買っていました。

「カンパーロ」にはおいしいパンがいつでも品数豊富に並んでいます。
二番街に来たら、必ず寄ってみたいお店です。

KEIHOKU ORIGINAL BAKERY 「Kamparo(カンパーロ)」
AM8:00〜PM8:45  毎月12日は「パンの日」
http://www.keihokusuper.co.jp/「the 旬」のページには吉田バイヤーのコメントも載っています♪)

(記)星まどか