情報発信で消費者の共感を呼ぶ。京北スーパー、石戸義行社長に聞く。

京北スーパー  訪問記

2011.06.22 取材:児島憲一朗



      つくりたて、焼き立ての美味しいパンも人気だ

(聞きにくいことを質問します。放射能汚染についてですが。)

生産者の方も考えたり悩んだりしています。

でも、いままでお客さんの健康を考えて、生産者は、農薬を減らしたりして一生懸命努力してきたんですよ。

もし、ここで、安全でない食物を消費者に提供するようなことがあって、10年後20年後その影響が出たらどうですか?
今までの苦労はなんだったんですか?と思いませんか?

野菜を売る側としても、そのことをきちんと話をすれば、生産者は分かってくれると思います。

基準値を守るということ。

その上で出荷停止ということがあれば、生産者が電力会社や国に対して保障を求めることについて、生産者の立場に立って全面的に支援して行こうと思っています。