情報発信で消費者の共感を呼ぶ。京北スーパー、石戸義行社長に聞く。

京北スーパー  訪問記

2011.06.22 取材:児島憲一朗



  安心、安全。 今これはもっとも大切だ。

とりわけ震災以後ツイッターの威力を感じますね。

ホームページを新しくしたし、ブログも書いている、
でもそれをどうやって見てくれるんだろうと悩んでいたときに、
ツイッターにぶつかったわけですよ。

スタッフが一日に多いときは、4回も5回もする、

それを僕がまたツイートを返したりする。

それに対してお客さんが共感してくれる。

そういうサイクルを感じるんですよね。

(石戸社長は続ける)