江戸時代、このあたりは幕府の軍用牧場でした。明治維新に入り、牧が廃止され開墾がはじまりました。今でも残るその 地名は皆さんにもなじみの深い、初富、二和、三咲、豊四季、五香、六実‥‥。 名前に必ず数字が組み合わされています。
柏に駅が出来たのは明治29年。この鉄道開通のおかげで柏の発展が急速に進みました。当時、この地方の文化の要は流山で、柏はほんとうに小さな農村でした。

昭和45年頃の旧柏駅

柏駅にはまだ東口しかなくて、西口方面には大踏切りを通らなくては行けませんでした。商店もちらほら見えますが、まだまだ梅林や畑が広がっていてキツネやたぬきがじゃれてあそんでいたそうです。 昭和3年には西口豊四季に柏競馬場が開設され、たいへんな賑わいでした。当時の新聞には「東洋一の競馬場」と紹介されました。翌4年、県立東葛飾中学校(現在の東葛高校)の第1期生が卒業。ようやく街の姿が整って来た頃です。

昭和30年に柏で大きな火事がおこりました。「柏の大火」です。当時、まだ消化栓などの設備も少なく、木造家屋が多かったため被害は33世帯、181人が罹災しました。皮肉な事に、これがもとで柏の駅前建物の防災化が進みました。

昭和40年代になると柏に大型店鋪の進出が目立つようになります。柏が大きく変貌したひとつの時代です。41年に西友ストアが開店し、柏の大型スーパー第1号となりました。二番街にも42年に長崎屋、45年に扇屋、48年に野村證券も都市銀行の進出と共にやって来ました。 47年、柏駅東口再開発が始まり、当時では珍しい高層ビルが2棟(スカイプラザビル・そごうビル)そしてダブルデッキが翌48年に完成しました。

市制祝賀で賑わう駅前(S.29.11)

ニ番街も当時、アーケードの架かっていない商店街でした。生まれ変わろうとしている柏周辺のひとつの商店街として、千葉県では初の全蓋式アーケード建設着工となったのです。 その昔、この通りは「京北通り商店街」とよばれていて、雨が降ると道路はぬかるみ、 風吹くとが土ほこりが舞い上がる横丁だったそうです。 昭和48年、アーケードが完成するにあたって新しい呼び名を考えた時のこと。「一番先にできたのだから一番街がいい」「ダイヤモンド街というのは」……いろんな意見が飛びかう中で、当時の商店会長の「一番になったら次に目指すものがない。二番街として、いつも一番になるよう挑戦し続けましょう」という言葉で二番街は誕生しました。今皆さんが使って下さっているアーケードは平成7年に新しくなった物です。二番街のアーケードの歴史は意外と長く、2001年で27年目を迎えます。

写真は、柏市教育委員会提供 柏市史編さん委員会編「歴史アルバム柏」より転載
本写真の第三者による複製転載を禁ずる

STORYメニューにもどる