アートに、街に、人に  でくわす、でくわす!
―かしわアートライン2010―
(記)松田 優 2010.10.01

でくわす。今年のテーマも昨年に引き続き、「でくわす」だ。
街とアートが「でくわす」。
異色のものが「でくわす」。
ダンスや音楽が、そしてどんな分類にも入らないような創作が「でくわす」。

アーティストと買い物客が、柏の路上で、
子供や老人も、男も女も、そしてあなたとわたしが、
このアートラインかしわで「でくわす」。
「でくわす」、「でくわす」。

さて、パンフレットができあがった。四つ折りで、イエローグリーンの表紙だ。イベントカレンダーには、10月15日から1ヶ月間にわたるイベントが36項目もびっしりと並んでいる。

今年は国体のスケジュールに合わせ、少し早めの開催となる。全国から柏に訪れた国体の関係者が、このパンフを手にする。そして、駅前の道を占拠してアートイベントが行われているのを見たら驚くに違いない。

パンフには、イベントや出展の詳細が紹介されているが、スペースの都合かよく分からない内容もある。アートを小さな写真や数行で説明しきれないのは当然だ。 アートラインかしわのサイト にも情報が掲載されているので、細かくチェックしてみたい。

記事や写真の大きさは、当然主催者の「押し」が表現されている。スーパーの広告の見方と同じだが、小さな記事で表示されているイベントは連携事業として、アートラインの期間以外での展示もあるので、これを機会にチェックしておくのも良いかも知れない。

チラシはかしわインフォメーションセンター等に置いてあるが、サイトからもダウンロードできるようになっている。


柏二番街では、アートフラッグが通りを飾る。また、ライブペインティング等、他の多くの企画に力を入れて参加している。

さて、今年のアートライン2010、あなたはどんなふうに「でくわす」だろうか?